高松で行ってみたいイルミネーション おしゃれな倉庫街の北浜alley

12月になるといろんな場所でイルミネーションが見られます。カメラを持っていたら冬のシーズンに撮りたい写真の1枚です。でも、なかなか自分の好みのイルミネーションってないものです。

一日楽しめる場所

イルミネーションは、暗くなってからですが、ここ北浜は、道をはさんで、目の前が海です。日が沈む前から海や空などの色の変化を楽しみながら写真を撮ることもできます。夕暮れ時でなくても、日中は、雑貨巡りやおしゃれなカフェがあるので充分に楽しめます。最近は日の入りが早くなり、5時くらいから薄暗くなりますので、今日は、その時間に立ち寄りました。

カエデの黄葉とナチュラルなイルミネーション

このイルミネーションの好きなところは、今の時期、色づいたカエデの木の葉っぱがあり、その木にLEDライトがデコレーションされているところです。街中で見かけるイルミネーションは、葉っぱのない枝にデコレーションされているのがほとんどだと思います。ライトが点灯すると色づいた葉っぱが照らされて夜でも黄葉が楽しめます。葉っぱがあることで、ナチュラルな感じです。LEDも暖かい白熱色で、明かりも小さい球をたくさん使っているので、キラキラと優しく輝き、余分なものがなくおしゃれで大人っぽいイルミネーションが楽しめます。

北浜は、高松駅から近い場所

北浜は高松駅から、徒歩で約10分ほどで、屋島が右手に見え、高松港から発着する船を眺めることもできます。瀬戸内海に浮かぶ島も見れて、昼間のお天気の良い日もお勧めです。このイルミネーションの場所に、ワイヤープランツという植物がお店の入り口にもりもりと元気よくはびこっているところがあります。よくお手入れがされて、周りの渋い壁にとても合っていて、植物が建物と馴染んでいるところも好きなところです。雑貨めぐりをしてランチやカフェでおしゃべりをしてから夕焼け、イルミネーションと楽しむのもお勧めです。カメラが好きな人なら、時間が過ぎるのがあっという間ではないでしょうか。

まとめ

香川県内でもいろんなところでイルミネーションが見られます。その場所によって、いろんな雰囲気が味わえます。カラフルなものが好きな人もいることでしょう。自分のお好みの場所を探して出かけてみるのもいいと思います。私は、ナチュラルで大人っぽい北浜のイルミネーションがお勧めです。写真では、なかなか伝わらないかもしれませんが、綺麗!と声が出るようなイルミネーションでした。植物と建物、イルミネーションを楽しめる場所です。

写真を撮っていると、葉っぱの妖精に会えたような気がします。ぜひ、大切な人と訪れてみてください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたり音楽を聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。