はじめてのカメラ遠足 歯ART美術館から世界の中心で愛を叫び八栗寺へ

雨が降りそうで降らない曇り空。今回の遠足の目的地の一つに歯アート美術館での撮影がありました。以前からこの場所にあるのは知っていましたが、何とも怪しげなたたずまいの美術館なのです。一部のカメラマニアには、不思議な魅力があるようで、東京カメラ女子クラブのかわいい女の子たちも撮影に来ていたようです。

歯ART美術館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美術館のある場所は、ドライブするのにぴったりのコースで右側に海、左側に山、正面には空が見えます。近くには、世界的に有名な石の彫刻家、流政之氏の煉瓦作りのアトリエが見えます。駐車場に着くと、すでに先に着いていた人たちがシャボン玉をしていました。駐車場からは、志度湾が眺望でき、曇り空でしたが、ふんわりとした優しい瀬戸内海を見ることができました。駐車場に大きな輪のシャボン玉っセットが置いてあり、おのずと大人がシャボン玉を始め、大人がシャボン玉ではしゃぐわけです。今日はカメラ遠足。シャボン玉、撮らなくては・・・どう撮ったら、シャボン玉は、綺麗に撮れるの?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入り口までの坂道には、おもしろいオブジェがたくさんあり、建物の中の期待と不安が掻き立てられます。入り口に入るとそこは、建物の4階で展示を下の階に向かって見ていきます。世界各国の歯がついたお面と、レトロなカメラ、それと歯に関する展示が、昭和感満載で飾られています。B級マニアには、たまらない場所のようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建物の中の展示物は、現代の美術館風ではなく、昔の学校の展示室のような感じで飾られています。古いカメラのコーナーがあり、カメラ初心者の私には、見たことのない形のカメラがすごくおしゃれに感じました。お部屋のインテリアに一つ欲しいくらいです。カメラの展示は、500個あるうちの200個が展示されていました。歯のついた世界各国のお面もたくさんありました。そのお面がたくさんあることで、そのフロアの雰囲気は言うまでもありません。ご想像にお任せします。こういう場所をどうやって写真を撮ったらいいのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後の展示物は、歯を作ることに関しての歴史の展示物などがあり、中でも決定的な展示物は、透明のプラスティックの箱の中に5000個の入れ歯がぎっしりと詰まっているものでした。入れ歯って、白とピンク色。遠くから見るとピンク色でかわいい印象なのですが、近くで見れない不思議な存在感がありました。写真を撮りましたが・・・見てみたい方は、ぜひ現地へおでかけください。ゆっくり写真を撮りながら歯ART美術館の楽しい展示物見学を終え、美術館入り口にある美術館で一番かわいいアヒルを撮影して、その場を後にしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界の中心で愛を叫ぶのロケ地の庵治の海岸

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのあと世界の中心で愛を叫ぶのロケ地の庵治の海岸に行き、曇り空の中、白くほんわりとした瀬戸内海の写真や釣り人がのどかに釣りを楽しんでいる姿を遠くからみたり、遠足参加者の写真を撮ったりしました。青い瀬戸内海もいいのですが、曇り空の瀬戸内海もなかなかいいものだなと写真を見ながら思いました。その後、山田屋でおうどんを食べ、最終目的地の八栗寺に向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八栗寺とレトロなケーブルカー

八栗寺には、ケーブルカーに乗って上がりました。歩いても登れる距離ですが、レトロなかわいいケーブルカーに乗らないわけにはいきません。赤い色といい、かわいい顔立ち、中まで、流れる音楽まで、昭和感がいっぱい感じられました。途中下りのケーブルカーと対向するのですが、下りは、青色で、これもなかなかいい色でした。意外にもケーブルカーの運転士さんは、若い女性でした。山上に着くと、八栗寺までの参道を歩いて行きます。雨上がりということで、木々がしっとりとしていて、曇りで少しうす暗いのですが、緑が重なり合い薄い光が緑を通して感じられ、とても綺麗な景色でした。八栗寺でお参りをして、展望台まで歩き、八栗から屋島を望み、再び参道へ写真を撮りなが歩きました。カメラを持つと知らないうちにたくさん歩くことができます。下りは、再びケーブルカーに乗って下まで降ります。八栗のケーブルの乗り口で今日のカメラ遠足は解散となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

いつもは気の合う人との撮影がほとんどですが、たまに一人でカメラを持って出かけたりもします。カメラを持つからこそゆっくり流れる時間と気の合う人との共有できる時間が大好きです。今回は11人でカメラ遠足をしたわけですが、たくさん人数がいると、いつもとは、違った写真撮影の時間となりました。持っているカメラも、みんなこだわりがあって違うし、カメラを見るだけでも、初心者の私は楽しく、わいわいと、みんなの楽しい会話やみんなの写真を撮っている姿や写真を撮っている場所を見ながら、初参加で緊張はしましたが、カメラ遠足の楽しい時間を過ごせました。

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたりジャズを聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。