秋の植物観察に神戸の布引ハーブ園へ 香りのするハーブ園は癒しの場所

週末に車で神戸に行く用事があり、午後からのわずかな時間、神戸の北野町にある布引のハーブガーデンに秋バラを見に行くことにしました。

布引ハーブガーデンは新神戸駅のそばにハーブガーデンまで行くロープウエイの駅があります。布引ハーブガーデンまでは、車では行けず、必ずロープウエイに乗らなければいけません。登山道を歩くとなれば話は、別ですが、確かに気候も良く、歩いて登っていらっしゃる方もいました。

ロープウエイは少人数しか乗れないタイプで、新しくとても整備がされているようにみえました。山はこれから紅葉が始まるころ。少しだけ、色づき始めたものもあり朝晩の気温がぐっと冷え込んでくると、紅葉も進んでくることでしょう。ロープウエイから南に見ると神戸港が見え、山と街と海が近く神戸ならではの景色が目の前に広がります。山頂まで約5分ぐらいで着き、しばしの空中散歩が楽しめます。山頂では、ドイツまつりが開催されていて、ドイツのお料理や飲み物などのお店が出店していました。ドイツビールやドイツワインが楽しめます。

散策する道の途中に芝生の場所が何か所かあり、そこには、ハンモックがたくさん設置されていました。この景色の中、空を見ながらごろんとするのは、とても気持ちよさそうでした。時間もなかったので、そこはぐっと気持ちを抑えて通り過ぎました。

バラのコーナーに行ったのですが、やはり、ほんの数輪しか咲いていませんでした。バラはぜひ、春に、ラベンダー園も開花時期をぜひ見てみたいです。コロナが終わることを祈るばかりです。

温室もあり、清潔に整備されていました。そのあとにスパイス館があり、いろいろな種類のスパイスを実際に香りをかいでみることができます。約20種類くらいありました。そのあと、室内の撮影スポットが何か所かあります。ハーブ入りの足湯もあります。足湯に入る方は、ぜひ、すぐ脱げる靴下で行くのをおすすめです。足を拭くタオルも100円で販売されていました。

山頂から中腹までの下りは、ハーブ園を観ながら歩いて行きます。歩くのは、植物を観ながら歩きますので、大変なことはいのですが、下り坂が、足にはぐっとくるようで、翌日筋肉痛になりました。いかに運動不足かがわかります。

中腹のロープウエイ駅近くになると、バラの咲いているところに再びきますがやはり、ここでも数えるくらいしか咲いていませんでした。いろんなたくさんの植物が植えられており、春には、とても綺麗だろうなと期待が膨らみます。また、最後にコスモス畑が満開で、ピンク、クリーム色、サーモンピンクのコスモスが鮮やかにフワフワと目を楽しませてくれました。中腹の駅まであっという間にたどり着きました。

まとめ

紅葉にはまだ少し早かったようですが、緑の中を歩くのには、格別に気持ちが良い時間でした。植物から感じる香りをマスクなしで歩いて、次回訪れた時には思いっきり山の空気や植物の香りを楽しみたいと思います。いろんな植物が植えられていてとても手入れがされている布引ハーブ園でした。所用の後の短時間で、のんびり、ぶらりお散歩とは行きませんでしたが、大好きな植物に囲まれて十分に癒された時間となりました。クリスマスの時期は夜の散策もできるようです。夜は小高い山から100万ドルの神戸の夜景が素敵なことでしょう。時間もなく、見逃した天然のエッセンシャルオイルが約80種類ある場所を次回は行きたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレ、ジャズ,日本酒やワインを楽しむ時間も好きです。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。