ため息がでるほど美しい高知の北川村マルモッタンモネの庭

高知のマルモッタンモネの庭は、高松から車で片道2時間45分くらいの場所にあります。南国インターチェンジを降りて太平洋沿いの道を走らせます。モネの庭はスイレンが美しく、スイレンを見るためには、午前中に散策するのがお勧めです。スイレンの種類によっては、お昼からお花が閉じてしまうものもあります。午前中には色とりどりのスイレンが咲き乱れ、水面に映ったスイレンが重なり、ため息が出るほど美しい庭です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

高知の北川村マルモッタンモネの庭

北川村「モネの庭」マルモッタンは、クロードモネのフランス・ジヴェルニーの庭を再現した庭です。青いスイレンは、モネがフランスで育てても咲かせることができなかった花で、熱帯性の植物です。温暖な高知の気候の北川村では、たくさんの青いスイレンを見ることができます。モネといえば印象派の絵で有名ですが絵で見た景色がそのまま、この北川村に再現されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水の庭

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

到着すると一番に訪れたいのが水の庭です。池に着くまでのプロムナードには、植物がたくさん植えられていてその季節ごとのお花が楽しめます。小花好きにはたまらなく、緑がいっぱいで、どんどん気持ちがリラックスしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藤のツルがからまった緑の橋の手前に来ると、そこは別世界です。思わず「わ~綺麗!」と言葉が出てしまうほどです。写真を撮りたいスポットがどれだけあるでしょうか。写真を撮っていると、時間が過ぎるのを忘れてしまいます。たっぷり11時まで散策します。

お昼ご飯は、園内に食べるところがあります。北川村の特産物であるゆずが使われていて、爽やかなお味のランチが食べれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花の庭

お昼ご飯が終わったら、今度は、花の庭を訪れます。モネが水彩画を描いたように1本1本考えられて丁寧に植物が植えられています。少し高い場所から見ると、モネが描いた水彩画のように見えます。時期によってはブルービーを見ることができます。ブルービーを見たら幸せになれるそうです。私は今回、見ることができました。温室では、園内に植えられている植物を買って帰ることもできます。スイレンも売っています。香川では、モネの庭の青いスイレンをこの場所で買って帰った人が、財田町のビオトープで繁殖させて今では新聞に載るほどのスポットになっています。モネの庭は訪れる季節によって眺める景色のお花の色がそれぞれに違い、訪れるたびに楽しめるのもいいところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、午後からもう一度、水の庭を見に行きました。午前とは違った水の庭を楽しめます。光の加減が朝とは違いますし、朝咲いていたスイレンの一部が閉じていて水面の様子が変わって見えます。日差しが強くなるので、植物の写真の見えかたも違って見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

高知の牧野植物園と並んでモネの庭は大好きな場所の一つで、植物好きにはたまらない場所です。北川村に到着するまでの景色も太平洋を見ることができ、瀬戸内海とはまた違った海の感じが小さな旅を満足させてくれくれます。高知には自然がいっぱいあり、まだまだ訪れたい場所があります。さて、次回はどこへ行こうかな?

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたり音楽を聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。