徳島県の美郷の梅林へ早朝ドライブ 梅のお花を一度にたくさん眺めることができる山郷

徳島県の美郷は高松市内から車で1時間半。ちょっとしたミニドライブにいい距離です。美郷には梅園が数箇所あり、梅園近くの案内所では、見頃の梅園などを丁寧に教えてくれます。また、案内所では、簡単な食事もできますし、梅干しなどのの販売もしています。

7d63acb35ecd4398a65116af80b9aad7

早朝のドライブで美郷の梅園へ

徳島県の美郷は梅の産地として知られています。16000本の梅があり、3月には梅まつりも開催されます。混雑するのを避けて満開の少し前、午前7時出発の早朝ドライブです。

早起きは大好きで、今日もいつもと同じ5時起きです。朝早いと道が空いていてすいすいと目的地まで進みます。各梅園の駐車場は狭く梅園の手前は道も細いので、要注意です。9時前に到着すると全くその心配はありません。

到着時の外気温は、マイナス2度。山の北側に梅園があるため、山の斜面にはまだ霜が溶けていませんでした。登ってきた朝日に山が照らされて霜がキラキラ輝いていました。

坂道をウオーキング

今日の足元はスニーカーです。山道を歩くのと梅園は舗装されていない道もあり、日陰の場所は道が乾いていないところもあります。風も全くなく気温は低いですが朝日が気持ちよく山の美味しい空気です。

 

梅のお花は5分咲きでした。満開になっている木もありましたが少し早かったようです。来週の日曜日3月1日が見頃のようです。かすかに梅の香りが漂います。赤い梅は少なく、白と薄いピンクの花が多く咲いています。お花の大きさも普通サイズのものから小ぶりなものまであります。もちろん、しだれ梅もあります。

梅は近くで見ると枝がまっすぐで固そうなイメージがあります。しかし、距離をおいて少し離れて見ると小さいお花の群衆がふんわり見えて、この景色が好きです。

まとめ

春が始まると、花を求めてこの時期だけの美しい景色を見に行きたくなります。お花の咲いている美しい姿や山の美味しい空気でリフレッシュ。たくさん自然の植物からエネルギーをチャージできて、何だか春の景色はうきうき嬉しくなります。帰りは、お昼には高松に到着。もちろん、お昼は「うどん」です。お昼からの時間も有効に使えます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたり音楽を聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。