プリザーブドフラワーでボックスフラワー お花や葉っぱが可愛くつまったおしゃれな箱

まだまだ自粛生活は続いていますが、お休みの日にこんなボックスフラワーを作ってみました。

ナチュラルな優しい色合いの配色

自分が作品を作るときに、心がけていることは、「これ飾りたい」と思えるものを作ることです。高価なプリザーブドフラワーでも色の好みが違っていたり、お部屋の雰囲気に合わなかったり。 プリザーブドフラワーのアレンジは、生のお花のアレンジをするときのように、緑の葉っぱと一緒にナチュラルにアレンジするのが好きです。

プリザーブドフラワーのバラを2種類とカーネーションや葉っぱはアーティシャルフラワーを使っています。お花や葉っぱは、ワイヤーとフローラルテープを使って、オアシスに挿しやすいように茎の部分を作っていきます。

色は、ピーチ色のカーネーション、白や薄いピンク、葉っぱは、繊細なものをたくさん重ねて使いました。ふんわり優しくナチュラルな感じになりました。

ちょっとしたプレゼントにボックスフラワーを

箱の中に何が入っているのだろうという期待と大好きなお花が箱の中に入っていたら、花好きなら嬉しいに違いありません。女性は、お花をプレゼントされたら絶対、嬉しいです。

手土産の一つにしてみたり、お礼にさしあげたり、メインのプレゼントにしたり、用途は色々あります。プレゼントされたら、すぐに飾れますし、箱の蓋を閉めるだけで簡単に片付けられます。

まとめ

気軽にお花をプレゼントしてみませんか。自分のためにお気に入りの場所に飾るのもいいでしょう。プリザーブドフラワーなら事前に準備することもできますね。お花が枯れる心配もありません。

人には色々な好みがあるように、フラワーデザイナーにも色々な個性があります。自分のスタイルにあった自分好みのデザイナーを探してみましょう。花のある暮らし、お花を飾りましょ。

ネッットショップ準備中です。オープンしましたらそちらで販売予定です。どうぞよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレ、ジャズ,日本酒やワインを楽しむ時間も好きです。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。