お花を買いに産直へ お雛飾りは、2つのお花のアレンジメントで

立春を過ぎるとそろそろ、お雛飾りをしなくてはと思います。以前は、焼き物のお雛様を飾っていましたが、去年、このガラスの器をいただいてから、このガラスの2つの器にお花を飾ってお雛飾りとしています。小ぶりなアレンジを2つ作ります。

頂き物のガラスの器

何種類ものガラスの器をある人からいただきました。どれも素敵な器ばかりです。お花を飾てもいいし、フルーツやお菓子を入れるのにちょうどい大きさです。今回使った器は、お汁のお椀のように丸みをおびています。大きさも一般的なお椀の大きさぐらいですのでちょうど二つ飾るのにいい大きさです。お汁椀のような和の形の器にお花をアレンジメントして2つ飾るだけで、お雛飾りの出来上がりです。

今日のお花

桃の花、ティアラ(白のスプレーカーネーション)、マム(グラデーションのスプレー菊)、スイトピー、雪柳、アブラナ科の薄ピンク、などどれもとっても、この季節スーパーにもよく売られているお花です。とびきりおしゃれなお花ではないですが、少し色合いを揃えると初心者でもまとまって飾れます。心ときめく自分の好きな色を飾ることをお勧めします。

オアシスを小さくカットして、お椀の底に置きます。後は、買ってきたお花をアレンジしていきます。梅や桃の木は枝が真っ直ぐしていますので、難しいところです。アレンジが終わりの方に近づいてきたところで、雪柳をアレンジします。雪柳のカーブした線を活かして、アレンジをふんわりと優しい印象に仕上げます。白い雪柳の小花が可愛く、この枝が使うことによりナチュラルな感じになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まとめ

ガラスの器が光を通して春の兆しを感じさせてくれます。また、今回は、少しブルーがかったピンクがポイントです。ピンクにもいろんなピンクがありますので、ぜひ、好きなピンクを探してみてください。空き缶でもペットボトルでもコップでも2つ並べて飾ってみるとお内裏様とお雛様で、お雛飾りのアレンジが出来上がります。お花の量もあまり入りませんので少量のお花で完成します。ぜひアレンジしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたりジャズを聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。