涼しさを感じる花器で真夏のフラワーアレンジメント プチプラなお花で楽しむ時間

最高気温が35度を超える危険な暑さが続いています。ベランダガーデニングの植物たちは、コンクリートの熱さとエアコンの室外機の熱風で弱ってきているものもが何鉢か・・・

クーラーの効いた部屋なら

この時期、お花を飾りますか?最近の暑さでは、24時間クーラーを付けっ放しで、お家時間をたくさん過ごしていることでしょう。確かに生花は、冬と違って長持ちはしません。だから高いお値段のするお花は飾れません。今日の白いバラは、昨日のレイメイキングの余りのお花です。1束198円のスーパーマーケット花です。プチプラなお花でもこんなにも可愛くて、レイメイキングができるくらいたくさんお花がついていました。

ガラスの断面がグリーンの花器を使ってみたら

 

今日のバラはレイメイキング用に短くしてしまったため、短くいけるアレンジです。花器はガラスの直径が12センチ、高さ6センチの丸いケーキのような平たい物です。ガラスが透明ではなく、ガラスの素材で、ガラスの断面が緑色に見えるガラスです。水を入れると、水が少しブルーに見えます。それが思いがけなく、涼しさを感じることに。

白いミニバラにグリーンの葉っぱだけで飾ります。グリーンはベランダの植物です。長い梅雨からこの暑さで伸びきったグリーンを少し使ってみます。ワイヤープランツは名前のごとく針金のように茎が硬くしっかりしていて、この時期長く伸びています。葉っぱは花びらのように小さく丸くてかわいい植物です。くるくるとリースのように丸めて水に沈めると花止めになります。ハーブやアスパラガスなどグリーンの色の違うものが重ねるだけで、それだけでも爽やかです。

短くお花を飾って、まるでお花が水浴びをしているようで、お水に浸かっているような感じが涼しさを呼びます。お花の色を変えると、また感じが変わることでしょう。

まとめ

暑い夏、身体が知らないうちに疲れてくる頃、お部屋の中に植物があると癒されます。クーラーの効いているお部屋は、意外とお花が持ちます。安いスーパーマーケットのお花でも十分に楽しめます。お花を飾って見ましょ。

ABOUTこの記事をかいた人

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレ、ジャズ,日本酒やワインを楽しむ時間も好きです。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。