春を告げるミモザのリース。鮮やかな黄色いお花が丸くて小さくてモフモフしていてかわいくフレッシュなリースです。

お花屋さんに出かけてみました。バラの花を買って帰る予定でしたが、輸入物のミモザが入荷していました。あまりにもふんわりした小さい小粒のお花がかわいくて、鮮やかな黄色が春を告げるフレッシュなリースが作りたくなりました。

ミモザのフレッシュリース

今回のミモザは輸入物のミモザです。庭先のミモザとは違っていてお花の粒が大きく鮮やかな黄色で手で触ってみるまで本物とはおもえないくらいかわいいミモザです。今の時期にしか作れない貴重なリースです。フレッシュな黄色のリースからドライになるまでの変化も楽しめます。

リースの作り方は簡単

花を5センチくらいの小分けにしていきます。葉っぱの部分も忘れずに、お花の部分と葉っぱの部分の量が均等になるように分けていきます。パーツが10個以上になるように小分けにするときれいな円に近づきます。そのパーツをワイヤーでで巻き付けるだけです。花材はミモザだけなので意外と簡単です。お花がふんわりとなるようにお花の向きや小分けにするときの束ね方を気を付けましょう。

まとめ

この時期にしか作れないミモザのフレッシュリース。お花屋さんでかわいいミモザをみつけたら、お家に飾ってみませんか。アレンジメントやリース、スワッグなど、春が一気にやってきます。このリース、一度は作ってみたいですよね。材料もミモザだけなので簡単に作れます。ぜひ作ってみてください。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

rose

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレを弾いたり音楽を聴くのも好きです。2020年12月からカメラを始めました。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。