ベランダの秋バラが咲き始めました 手をかけずに育てるベランダのバラ

朝晩の気温の変化に秋が深まりゆくのを感じます。日中はそれでも、外に出ると、まだ汗ばんだりします。9月の上旬に夏の選定を終えてから、みるみるうちに新芽が伸びてあっという間に10月になりました。

この秋1番に咲いたバラは

9月25日秋一番に咲いたのは「清流」と「あおい」さんです。ちょうど、咲いた日は、お天気が悪く、空は、グレー色。そんなグレーの空によく似あう、ピンクのバラたちです。ピンク色といっても、どれだけのピンク色の種類があるのでしょう。お花のピンク色って、気分が上がる色です。

「清流」は河本さん作出、ブルー系のピンクが特徴です。また、花びらは、名前のごとく水が波打つようにフリル咲きです。春の方がひらひらと波打ち、秋は、控えめにひらひらです。

「あおい」は、スプレー咲きで、このシリーズのバラの名前は、女の人のなまえばかりで、なんか間違えそうです。色はくすみ系のピンク色のバラで咲いてからの花もちがすごく良くて長い間楽しませてくれます。咲いてからその姿を保ちます。房咲きになって咲き、花姿は変わりませんが、咲き始めてと終わりで色の変化があります。そのバラの房はグラデーションになって、とても綺麗です。

1週間ぶりに「イレーヌワッツ」と「清流」が開花。「イレーヌワッツ」は、咲き始めと咲き終わりで、まったく違うお顔をみせます。しかもその変化が速く、一日のうちであっという間に変化します。咲き始めのかわいい姿を見逃してしますこともあります。咲ききると、ダリアのようなお顔になり、翌日には、はらりと散ってしまします。このお花のピンク色が、ピーチがかった何とも言えないピンク色です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2,3日後に仲間いりしたのが、「バーガンディ アイスバーグ」です。アイスバーグは白が一般的で、バラ初心者にお勧めのバラです。このバラは、バーガンディの名の通りワイン色に咲き、花びらの裏側は白く相反する色が特徴です。トゲもほとんどなく扱いやすいバラです。この写真は、一眼レフで撮ってみました。一眼レフ超初心者です。

バラ園に出かけてみることに

 

ベランダにバラが咲き始めたから、きっと公園のバラも綺麗に咲きかけたかなと、ドライブがてら出かけてみることにしました。場所は、高松市の垂水バラ園です。バラ園といっても公園の横にある無料のバラ園です。運動公園は、スポーツをする人の声はしますが、公園は、誰一人としていませんでした。でも、その理由もわかるような気がしました。バラが咲き終わりのように、すべてのバラが傷んでいました。写真を撮りたくなるようなバラは、残念なことに一輪もありませんでした。昔のタイプのバラばかりですが、こんなにお手入れがされていないと、ちょっと残念です。お手入れはしていたけれど、こうなってしまったのでしょうか。今年の夏は暑かったものね。公園の周りの木々が綺麗で、緑に癒されて帰ってきました。

手をかけずにバラを育てる

私は、マンションのベランダでバラを鉢で育てています。薬は一切使いません。それでも病気にはなりません。アブラムシは来ることもありますが。植え替えも頻繁にはしません。バラの土に植えて、固形肥料と液肥をあげるくらいです。バラは、意外と水さへ枯らさなければ、強い植物です。

まとめ

狭ーい狭いベランダですが、植物を育てていると、四季の移り変わりを感じ、特にバラの咲く時期は、毎朝、カーテンを開けた時、水やりの時、今日は何が咲いているかなと、楽しみです。バラに限らず、お花が咲いているのを見ると嬉しくなります。

秋のバラは、春ほど数は咲きません。お花の大きさも小ぶりになります。色が春のバラとちがうところ、また、香りも深いようなきがします。バラは、育てるのが難しいのではと思うかもしれませんが、植物はそれなりに、育てる人に合わせてくれるようです。ぜひ、バラを育ててみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

香川県在住フラワーデザイナー(講師歴15年目) 緑のある暮らしが好きです。花、植物、自然が好き,マンションのベランダでバラを育てています。 ウクレレ、ジャズ,日本酒やワインを楽しむ時間も好きです。 お花に触れて幸せだなと感じて癒される時間を一緒に過ごしましょう。 楽しい時間は自分で作って、自分の時間を楽しみましょう。